NPO法人 人・地球・未来クラブ

設立趣旨


今日私達は史上かつてなかった豊かさと快適な生活を享受しています。 しかし、その快適な生活を維持するために多くのエネルギーを必要とし、その結果、地球温暖化を招来せしめ 、地球上に生きる全ての生命あるものの未来がおびやかされています。また、ある地域で発生した問題―戦争、 貧困、災害、差別、格差など―のもたらす影響も地球規模のものとなり、他地域に住むすべての人々の生活に無関係 でなくなっています。そうであるならば個々の地域、種々の問題は別々のものとして考えるのではなく 「地球に生きるすべての存在の共生」という観点で包括的に問題の解決を図らねばなりません。地球温暖化と貧困という 今世紀最大の問題を一つながりの問題として捉え、市民レベルで取り組むための活動をインド・キリバス共和国で展開します。 この法人は@インド貧困地区におけるバイオ作物(ヤトロファ)の栽培A未来の人材を育成する教育支援、自立支援Bエコツアー 、ボランティアツアーの開催による人的交流Cキリバス共和国でのマングローブ植林活動などを行い、地球温暖化と貧困問題の解決と共生理念の普及に寄与する事を目的とします。


平成19年6月15日より任意団体として活動。
平成20年10月27日 NPO法人設立


創設者
 五十嵐 澄子

代表理事
 吉田 三惠子


所在地

〒597-0033 大阪府貝塚市半田63-3
TEL 072-437-8065
E-Mail:hef-club@sb.main.jp


定款


Home支援のお願い支援活動インドの現状 |お問合せ